2010年12月31日金曜日

お正月の準備

 一昨年の暮れにJBに来た私。外国ではその国のお正月を過ごせばよいから「Lucky」とばかりに、お正月の準備から解放され全くなにもしませんでした。
 
 昨年の暮れにはやはり少し日本が懐かしくなり、シンガポールでおせち用の食材を少しだけ買ってきて、それらしく間に合わせのお正月を過ごしました。

 そして今年、突然“やる気”に火がついて、

「じゃーーーーーん!!!」
  
 つくっちゃいましたよ、おせち料理!!」

 …といっても、豪華なネタは無いんですけどね。
 ダンナは毎週ゴルフ行っちゃうから、シンガポールまで食材を買いに行くヒマもなかったし、実家にいたときに母が作っていたものを思い出しながら作り始めたらなんか気分が乗っちゃって気がついたらコレだけ用意できました。
    
    ・お煮しめ      (里芋、ごぼう、にんじん、こんにゃく、しいたけ)
    ・きんぴらごぼう
    ・紅白なます
    ・松前漬け
    ・錦たまご

    ・黒豆(韓国料理の「南門」で買ってきたらちょっと硬かったので
        煮なおしてみたらGood)
    ・田作り(これも「南門」で買って間に合わせ)

    ・かまぼこ(JUSCOで購入したもの)
    ・昆布巻き(秋に日本で賞味期限確認して購入してきたモノ)



 あとは、大晦日に年越しそばと太巻き作って、元日にお雑煮つくればOKでしょう!!

2010年12月28日火曜日

なんかヘン?!

 こちらに住んでると、当たり前かもしれませんが、日本人の感覚だと「なんかヘン?!」。
 そう、ここはマレーシアなので、一応外来語である英語もマレー語にするとローマ字表記で “KRISMAS” になります。日本で“クリスマス”ってカタカナで書くのと同じ。…でも日本ではアルファベットを使うときはちゃんと“CHRISTMAS”っていうのがフツーだよなぁ…。しかもここでは日常的に英語が話されているのになぁ…、と思うのは私だけ?
  それと同じ理由で、レストランは“RESTORAN”です。
 そして、“ヘン”つながりでもうひとネタ。先日行ったRESTORANで注文した「チキン・カレー・ドリア」(こちらではドリアの事を「ベイクド・ライス」と言います)。こんな器で出てきました。なんで桶???

2010年12月21日火曜日

クリスマスの準備

クリスマスまであと5日。久しぶりに「リース」のアレンジメントをつくりました。

 レザーファンが余ったので、ヒペリカムをあしらって「キャンドルスタンド」も!!

  
 更に「トピアリー」まで作っちゃいました。
 ほんとはスギやヒバを使うとツリーっぽくてよいのですけど、ここは南国。あるもので代用したら、なんだかヤシの木みたいになっちゃった?!!

 余談ですが、ヒペリカムの花言葉は「悲しみは続かない」だそうです。年の瀬に近いクリスマスにふさわしい、前向きな言葉ですね。
 今年悲しいことがあった方も、来年はよい年になりますように ♪♪♪

2010年12月20日月曜日

獲物の行方?!

みるくさん、“くわえタバコ禁止” ですよ!!」
「あ、デンタル・スティックでしたか…。で、噛まないんですか?」

video

video

 一応野生の本能で、地面を掘って隠したつもりのようです。全然隠れてないんですけどね…。

2010年12月14日火曜日

ツリー競演 2010 in Singapore


 シンガポールも、11月の末ごろから街はクリスマス一色です。今年も、行った先々で写真を撮ってきました。



パラゴン
高島屋

Nee Ann City

ion

 
Mandarin Orchad

Mandarin Orchad Cake Shop

Four Seasons Hotel
 

Royal Plaza Hotel

Changi Air Port

Line Dnance End Of 2010



2007年度ワールド・チャンピオンの男性
 毎年恒例(…らしい?!)のラインダンスの集いがEON BANK の8Fのホールで今年も開かれました。このイベントにはシンガポール、KL、台湾、インドネシアなど遠くからのグループも参加して、所狭しとみんなで踊ります。  今年はデンマークからラインダンスのワールドチャンピオン(そんなのあったんかい!!)も特別講師として参加してワーク・ショップも開催されました。


ライン・ダンスの合い間に は、様々なパフォーマンスもあり、我がMagie Dance School のBJ&Feliceも社交ダンスのパソドブレを披露。「カッコよかったヨ!!」
パソドブレ

アラビアン・ダンス??!!(たぶんベリー・ダンスではなかったような…)
クアラ・ルンプールからのダンサー達のパフォーマンス

2010年12月13日月曜日

ランチ・ビュッフェ 「フォーシーズン・ホテル」


  バレエのレッスンに通い始めて丸一年。今年最後のレッスンの後、フォーシーズン・ホテルのランチ・ビュッフェに行ってきました。
 時節柄、ロビーに飾られたツリーも落ち着いた感じのオーソドックスなツリー。 
 少し奥まったところにあるビストロ・グリル「One Ninety」は、やはり静かな落ち着いた雰囲気。これはなかなか私好みかも?!

 昨今、ビュッフェスタイルのお食事にタッパー持参で「食べる前にまず詰める?!」日本人の奥様がいるというウワサが!! 真偽のほどはわかりませんが、「そんな汚名返上したいね」って、私たちはあくまで「お上品に」を合言葉に今日のランチに臨みました。

 アラカルト・メニューからメインを選んでオードブルとデザートはビュッフェスタイル。アラカルトはなしでも利用可とのことでしたが、メインは是非オススメしたいとのことで、和牛のローストビーフと、ボーイさんイチオシの黒豚のグリル(どう見てもカツでしたが…)
 

メインが入るように、オードブルはあくまで少しずつ「お上品に」

オススメだけあって、とてもジューシーでおいしかった黒豚
さすが和牛! JBで食べたステーキと違ってやわらかかったッス

 

 付け合せのポテトとトマトはは別盛りで

デザートはさすがに全部は無理でしたが、おいしかったぁ。
 お上品コースでも“お腹いっぱい、おしゃべりいっぱい”楽しんで、結局滞在時間4時間以上。いろんな意味で贅沢な時間を過ごす事ができ、今まで行ったホテルの中で一番居心地がよく、好きな空間でした。
テーブルに置かれたクリスマス・アレンジメントもシックで素敵



2010年12月8日水曜日

Awal Muharram

 昨日シティー・スクエアに行ったら、特設ステージでダンサーが踊っているのを発見。「何々???」っと野次馬根性丸出しで見てみると、クリスマスのデコレーションと「Year End Sale 2010」の看板が見えたので、「なぁんだ、年末セールの開催イベントか…」と納得。
 それにしてもVIP席まで設けてクリスマス・セールの催しなんてイスラム教の国にしては珍しいよね。しかも踊りはマレー・ダンスだし…って思いながら帰ったら、近所の日本人学校の小学生が今日は祝日で学校もお休みだって。
 ダンナはいつもどおり出勤してるし、ローカルの学校やインターは既にスクール・ホリデーなのでちっとも気がつかなかった!!
 何の祝日かというと「Awal Muharram」といって、イスラム暦の1月1日だそうです。
 今まで、太陽暦と太陰暦しか意識してなかったけど、この国にいると一年のうちに何度もお正月があるのですね。たしか先月はヒンドゥー暦のお正月(ディーパ・バリ)だったし…。
 勉強になりマスッ!!


 

2010年12月7日火曜日

衝動買い?!

 先月日本に帰国した折に行きの飛行機で機内免税品の冊子の中に見つけちゃいました♪♪ スワロの「ハート・ベア」。「でも待てよ、スワロって結構お高いのよねぇ…。言っちゃえばただの人造クリスタルの置物だし…」日ごろの倹約グセのついたマダム、ここは思案のしどころです。そこでマダムは考えました。「今は買わないで、日本で値段をチェックした上で帰りに決めよう!!もしかなり安かったらご縁があったということで…」
そして日本のデパートで値段を確認したところ、機内販売の方が¥5,000+TAX分安かったのです。

「ようこそ、我が家へ!!」

 ちょうど2日後が「22回目の結婚記念日だしぃ」と、心の中で自分のプチ贅沢に言い訳しながら帰途についたマダムでした。


2010年12月5日日曜日

マレー鉄道の変貌

  バスでのシンガポールからの帰り、JBセントラルでふと駅の方を見たら、なんと鉄道のレールが撤去されてました!! (右奥の赤い屋根の黄色の建物が旧ジョホール・バル駅)
 そして、その左側に新しいホームができているのが見えました。
 …ということは、いつのまにか新しい駅に代わっていたということ。
 ちょうど一年ほど前に初めて鉄道で国境越えをしたとき、一人降り立ったあのちいさな古い駅舎はもう使われておらず、壊されるのも時間の問題なのかもしれません。
 来年にはシンガポールのタンジョン・パガーの駅も使われなくなるとのこと。あちらの駅舎はとても立派なものなので保存されるようですが、JBの駅舎はおそらく無くなってしまうのだろうなぁ、と思うとなんだか寂しい気持ちになってしまいました。

 
新しいホームはたしかにキレイだけど…

時刻表も電光掲示板になってます。

こちらが切符売り場。番号札をとって順番を待つらしいのですが、今時切符売るのに一人ひとりカウンターで応対するなんて、「???」って感じです。

2010年12月1日水曜日

PARCO Fashion Show

 先週の金曜日、 シンガポールのPARCOで催されたファッション・ショーに行ってきました。
 PARCO内に若手デザイナー達による「NEXTNEXT」というショップがあるのですが、彼らによる新作発表のショーでした。
 以前、たまたま立ち寄った折、その中の「Thanksgiving」というブランドのAnn Nee Lowさんというデザイナーと知り合い、彼女のデザインの日本の風呂敷をモチーフにした作品を購入したご縁から、今回のご招待となりました。

モデル顔負けのウォーキング?!
  
↑ これがその作品、気分だけはモデルのつもり ↑





 最前列の「プレス席」のすぐ後ろ、かぶりつきの2列目で見たモデルさんたちは、やはりみな美しかった!!多少サイズの合わないハイヒールでも颯爽と歩いてしまうところは「さすがプロ!」と感心してしまいました。

video

video

右がAnn Nee Lowさん


2010年11月29日月曜日

JBのクリスマス

ジャスコ・Bukit Indarの巨大クリスマス・ツリー
3Fの吹き抜けまで届いています。

 私がこのツリーを好きな理由。
 それは、このツリー、すべて使用済みペット・ボトルでできているんです。
 そして最近のジャスコ、土曜日はノー・プラスティック・バッグ・デーを徹底し、「ECO」の啓蒙活動をしています。
 「この国だから仕方ない…」って思ってしまうのは日本人のオゴリかもしれません。
 こうした小さな1歩から、最初は不便を感じていた人たちも、ECOについて考え始めるのだと思います。日本も始めはプラスチック・バッグないことに不便を感じていた人がたくさんいたと思います。
でも、最近ではマイ・バッグを持って買い物に行くのが当たり前になっている人が増えてますものね。
 イスラム教が国教のこの国で、クリスマスのイベントをこうした形で催す事は喜ばしい事と感じました。

普通サイズのツリーもありますが、存在感でエコ・ツリーに負けてしまいます。
 所変わって こちら「Danga City Mall」。 よく見ると赤い屋根の上から白いものがチラホラ…。
 そう、毎週金・土・日の12:00,15:00,17:00,19:00から1時間、人工の雪を降らせています。
 雪を知らない南国の子供たちが、不思議そうに見上げていました。